罔兩庵日乗 mouryouan’s diary

私的ナ思索ト逍遙ニマツワル散話妄言覚書キ

愛惜措く能わざるものたち三題 【旅 雑】

愛惜措く能わざるものたち三題 【旅 雑】
f:id:gotuteki:20190930033327j:plain
消えて行くものは、消えて行く必然。致し方ない。
見て触れて食べて乗って、記憶にとどめることができればなにがしかの慰めにならぬでもない。

⭕中短距離フェリー

去年、高知宿毛と大分佐伯間のフェリーが突然就航停止した。
たぶん、再開はしないだろう。

同じように、中短距離フェリー、渡し船はよほどのことがなければ消えていく一方だろう。
これほど飛行機が安くなれば長距離フェリーだって苦しくないはずはない。

離島と本土とを結ぶものはまだ公的な配慮で生き延びるだろうが、宇和島関間、伊良湖岬鳥羽間、和歌山徳島間などはどうなのだろう。

健康ランド(仮眠施設)

やや古い情報だが……
http://www.asahi-net.or.jp/~ck4t-hri/kenko/kenland/fu24h.htm によると、
------
おおた健康ランドは、平成14年9月時点で閉鎖していました。
湯もE前橋は、平成16年4月に閉鎖しました。
湯本健康ランドは深夜営業を中止しました。
ゆ~ワールド桶川は深夜営業を中止しました
東戸塚健康ランドは、平成12年2月末で閉鎖いたしました。
平塚健康センターは、平成13年9月閉鎖していたしました。
十日市場健康ランドは、平成14年6月閉鎖していました。
練馬ラドン健康センターは、平成16年9月閉鎖いたしました。
千葉健康ランドは、平成17年7月閉鎖していました。
竹ノ塚健康ランドは、平成18年5月閉鎖していました。
セドル健康ランドは、平成18年9月閉鎖いたしいました。
葛西健康センターは、平成18年10月閉鎖いたしました。
トキワ健康ランドは平成19年5月閉鎖いたしました。
野川温泉は平成19年9月閉鎖いたしました。
皇源健康センターは平成19年8月閉鎖いたしました。
松戸健康センターは平成19年12月閉鎖いたしました。
------
関東だけでこれだけ閉鎖、深夜営業中止だ。
そのかわり、日帰り温泉は増えていると思われる。

駅に近く比較的小規模な施設は、24時間サウナ付きのカプセルホテルとなって生き延びているものもあるが、設備が大きいものは建て替えの経費が莫大なので現在の設備の寿命が施設そのものの存続の限度となるようだ。

今となっては意味不明なほど天井の高い健康ランドは生半可な改装などでどうにかなるものではないだろう。

所謂、健康ランド、ヘルスセンターで深夜仮眠できるタイプの施設は消えて行く一方だ。

お揃いの色褪せたアロハを着た老若男女のくつろぐ姿も過去のものとなりつつある。

⭕街中華と定食屋さん

これ又、味とは関係なしに、
駐車場の広さ、メニューの豊富さ(寿司屋で何故ケーキをくわなくてはならないのか?)、少しばかり安い価格と、店のみてくれで勝るチェーン店に大衆の嗜好が向かうのならば、改装してまで跡を継ごうと云う余程やる気のある次代のいない個人店舗は消えて行くぼかりだ。
 
店主か奥方のどちらかが倒れたらその店は幕を引くことになる。

-------
可能な限り、これら消え行く日本の文化を体験したい。
と云うのも旅の目的である。