罔兩庵日乗 mouryouan’s diary

私的ナ思索ト逍遙ニマツワル散話妄言覚書キ

非Aなる概念と孤独について 【哲学】

非Aなる概念と孤独について 【哲学】

⚪AとBが対義的 である場合、つまりA=非B 非A=B。 

独立した対義語 AとB が存在する場合。が、まずある。
これを、case-A・B とする。

case-A・B の例。
「善」・「悪」
「光」・「闇」
「白」・「黒」
「男」・「女」  ……等々

⚪独立した対義語がない場合。つまり
Aと非A として表す場合は、
case-A・非Aと表記出来るだろう。
この、caseには3種類あって、

Aに、善悪のニュアンスの無い場合がまずひとつ。

更に、このcase0=A・非A型
の、Aなる単語が「善、或いは好ましいニュアンス」を持つ場合を "a(善)" 、
逆に「悪、或いは好ましく無いニュアンス」を持つ場合を "a(悪)" と表記すると、

"a(善)" と、非"a(善)" で構成される対義の類を
 case1=a(善)・非a(善)型、略して 善・非善型……2つ目

a(悪)と、非a (悪)で構成される対義の類を
 case2=a(悪)・非a(悪)型、略して 悪・非悪型……3つ目
と表記できる、と思う。

⚪面白いことに、大抵のケースは、
善・非善型 のようだ。
これは、洋の東西を問わないので「言霊思想」と云う訳でもなさそうだが、所謂「予祝」(あらかじめ悪いことを考えない、好ましいことを言っておく、と良いことが起きる)と云う宗教概念が当てはまるのかも知れない。

⚪たとえば、幸福、しあわせ、と云う概念は
善・非善型 だ

幸福の対義語は、不幸で、不幸を表す独立した(幸を用いない)語は無い。

⚪同じく、正義 も 善・非善型 だ。

以下ネットにて……
「justiceの対義語は、injustice です。
正義の対義語 不正義、不義」……不正……

ま、あとは色々考えてみて下さい。

⚪面白いことに……皮肉な?か?、この世は「不幸」が常態だし、「不正義」が当たり前である。
にもかかわらず、不幸や不正義にあたる独立した言葉はない。

 ⚪ ⚪ ⚪

⚪さて、ここからが主題なのだが「孤独」について。
これは、珍しく
悪・非悪型 だ。

と云うか、孤独については、対義語の存在すらよくわからない。
一応、ネットで調べたが何となく腑に落ちない。

以下ネットにて。

連帯……
孤独 連れ立つ
意味 周囲にたよりになる相手が一人も居ないで、ひとりぼっちであること いっしょに行く。伴って行く。
和英 alone accompany……

その他、あまり賢いとも思われない戯言が色々かかれていた。

仮に 孤独の対義語を "非孤独" としておく。
……造語かも知れないが、今のところこれ以外に言いようが無いように思える。

しかしながら、どう考えても、人間の本質は、孤独である。
動物や自然に孤独は無い。
正確には孤独と云う概念が成立する余地がない。

成立する余地がないとは、以下の如し。

……山人曰く、

全てが闇ならば、光と云う概念が成立する余地がない。
光と云う概念が成立する余地がないのなら、闇と云う言葉の存在意義はなくなる。
つまり、全てが闇ならば、闇と云う言葉は無くなる。

地底洞窟で進化した目の無い魚には、闇は無い。
……云々、以上。

で、だ、

自然は連続している、個と群も、生と死も、自と他も。
われわれ人間だけが、自然の連続性から切り離され「私」として存在してしまっている。

バタイユの云う「失われた連続性」と云うやつだ。

孤独とは、この「失われた連続性」と云う事態の心理的表現だから、
非孤独とは、「連続性」と云うことなのだが、一般には「孤独の反対は連続性」では、何を言っているかわからないだろうから、非孤独でいいのだ。

あるいは、失われた連続性=人間の本質、なのだから、
非孤独=連続性=自然 でも良いのだが、
これでは一般人にはますます意味不明になる。

都会人には現実的なニュアンスとしては、自然=孤独ですらある。

人間は、真の自然のなかで恐ろしいほどの孤独を感じる。
一度、山の中で野宿をしてみるといい。

これは、本来は生物としては倒錯である。
しかし、人間的な事実でもある。

人間存在と云うものが、倒錯なのだろう。

何故、神は人間なんかを存在させてしまったのか?
まったく、うんざりする生き物どもだ。

以上