罔兩庵日乗 mouryouan’s diary

私的ナ思索ト逍遙ニマツワル散話妄言覚書キ

週に何日であれ、合計アルコール量90ミリリットル。【食 健康】

週に何日であれ、合計アルコール量90ミリリットル。【食 健康】

症状がおさまると、一番つらいのが禁酒だ。
勿論、完全に禁酒するのが良いに決まっている。

が、もし飲むのなら、どの程度が限度なのか色々調べてみた。

代替医療家は、だいたいが厳しい。
それは彼らが修練の結果アルコールを必要としない身体になっているからだろう。
飲まない人は飲む人に厳しい。
モテナイ人は不倫に厳しく、痩せてる人はデブに厳しい。

何か、科学的根拠のある数値目標はないか調べた。

で、
英国で行われた多数の医師を被験者にした 長期にわたる調査の結果から、私が 推論した数値だが 週にアルコール で90ミリリットル程度 以下の摂取ならば 海馬に影響がない と思われる。
(調査では、60ミリグループ全員異常無し。140ミリグループ一部異常あり。よって、90~100ミリくらいまで大丈夫でないか?と推理した次第……)
90ミリリットルとは ビールならば 350ミリリットル 缶5本、 日本酒ならば 600ミリリットル の量だ 。
これを以後の生活において目安に節酒を実施してみたいと思う。

海馬の萎縮だけがアルコールの悪影響ではない。
肝臓への影響が一番の問題だ。
が、長期的にはアルコールによる痴呆の促進がもっとも怖いので、とりあえずこの指針を参考にする。

週に何日であれ、合計アルコール量 90ミリリットル。
厳しいが、守れない量ではない。
まったくダメ、から比べると有り難い数字とも言える。

勿論、これだけ減らしてもγGTPに改善が見られなければ、徐々にアルコールゼロにして行くつもりだ。

生活リズムと食生活の劇的な改善の上、完全に禁酒するのは少しストレスが過ぎるので、姑息ではあるが規則的な節酒にしてみる。